過去の新卒採用情報~わたしの場合~

最近の大学生は就職活動を始めるのが早いですね。それくらい就職っていうのは大切なんですよね。人生を半分ぐらいを決めることですしね。特に男子学生にとって。わたしの大学時代の就職活動といったら、もう少し後からだったような気がするのですが、わたしがぼんやりしていてあまり早くに始めなかったのでよくわかりません。わたしは大学4年生の時、就職するべきか留学するべきか、大学4年の12月まで悩んでいたんです。かなり遅いですよね!!

その時にはほとんどの友達が就職が決まっていたし、留学にしろ、進学にしろ、進路は決まっていました。でもなぜか焦らなかったわたし。今考えても不思議でなりません。就職とは縁で、実は大学4年ももう終わりかけの1月になって初めて就職試験を受け、合格したのです。今日は過去の新卒採用情報について書いてみようと思います。そもそも大学3年の終わりごろや4年生になるとみんな就職を意識し始め、企業のセミナーに行ったり、採用試験を受けたりしていました。大学の就職課にも企業からの募集が来ていましたし、みな東京や大阪までスーツを着て就職活動に出かけていました。

就職か留学か悩んでいたわたしはその間中、ホントに何も就職活動をしていなかったので、周りから見たら、「あの子、大丈夫なのかしら?」と思われていたことだろうと思います。実はわたし、就職活動って何をしてよいのかわからなかったんですよね。それなのに新卒で採用していただけるまでに至ったのは、大学4年の冬、年上の社会人の友達が「今、うちで一人募集してるから採用試験受けてみない?」と誘ってくれたのがきっかけでした。それは新卒採用というわけでなくて、主に中途採用のための募集だったのですが、たまたま採用したいのが4月からだったらしくて、新卒のわたしにもちょうどよかったわけです。それで初めて正社員のための採用試験のために履歴書を書いて提出。そして採用試験を受けに行きました。わたしのほかは皆、社会人のお姉さんたちばかりで、大学生はわたしだけでした。こんな就職活動してる人はあまりいないのではないでしょうか。そんな中、現役の大学生だったことが幸いし、試験の内容が得意なことだったこともあって、採用試験に合格。晴れて4月から社会人となることができました。今思えば、あのままずっと就職していなかったらわたしはどうなっていたのだろうと思います。バイトでもしていたのでしょうか。結局留学もしていたかどうか謎です。人とは違った就職活動でしたが、よい縁に恵まれ新卒で採用していただけたことに感謝します。