新卒採用の変化について思うこと

日本は不景気です。不景気ですと、どのようなことが起こるのでしょうか?まずは雇用の面で問題が発生をします。雇用をしない企業が増加をするのです。人件費の削減ということになり、新卒採用も見送るという企業があります。人件費を削減するためには、従業員を減らすという安易な考えがとても危険なのです。新卒を採用しなければ、どのようなことが起こるのかということも考えなければいけません。先のことを読むことも求められるのです。その企業に入社をしたいがために頑張ってきた学生の気持ちを考えた場合には、かなりのショックを受けると思います。新卒だから採用をするのであって、就職浪人はまた別の枠で考えられることがあります。

新卒だから条件に当てはまるということもあるのです。就職浪人は年々増加をしてきているので、就職をしたくても出来ないという人が増加をします。これでは雇用を促進することも不可能になるのです。他にも一定の年のみ新卒の採用をしなければ、今の社員が定年を迎えることになったらどうなのでしょうか?世代が丸々消えてしまうことになります。間が空いてしまうのです。それがどういうことなのか、よく考えてみれば分かることでしょう。仕事にも支障をきたすようになります。その場凌ぎで新卒の採用を見送ったかもしれませんが、数十年後に困るのはその企業なのです。ですから、全く採用をしないのではなく、毎年少人数でも採用を継続して行っていくということが大切なのです。

後先考えない企業というのは、数年間でも新卒採用を見送り、必要となった年に採用人数を増やすという形を取ります。そうなると、新入社員の教育というのはどのようになるのでしょうか?ある程度年が離れている先輩たちが教えることになります。その先輩たちには自分の仕事もあります。右も左も分からない新入社員の対応をする時間もないのです。それだけで新入社員の対応も遅れてしまいます。これは大きなマイナスになってくるのです。何が分からないのかがハッキリしないという先輩よりも、1,2年上の先輩のほうが分からないことも分かる、ということになるのです。毎年でも新卒を採用をしておいたほうが、企業にとっては何かと便利ですし、プラシになってくるということもあるのです。しっかり後々のことを考えた上で採用に関してどのようにするのか、ということを企業全体で考える必要があるのです。少人数でも採用をするのが好ましいのです。