私の就職活動の体験談を紹介します。

日本社会は、長期の不景気が続いているので、就職活動がとても大変です。特に、不景気になると求人の募集が多く削られてしまいます。不景気になると、民間企業の求人が減ってしまうだけでなく、財源が減ってきたなどの理由で、公務員の新卒採用も減らされるので、新卒にとっても中途にとっても厳しい就職活動を勝ち抜いていかなければならなくなります。私も長期化する不景気の中で、就職活動を体験しました。実際に、新卒採用の求人を集めて、応募してみた結果感じたのが、企業の採用のハードルが高くなっていることです。不景気の中でも、求人は少なからずありますが、必ず採用してくれるとは限りません。新卒採用の求人でも、即戦力にならないと雇ってくれないところもあり、就職活動の厳しさを実感しました。

新卒採用の就職活動はまず、私がなりたい看護師になるために、スキルを身につけたり、学校で勉強、研究してきたことやインターンシップやアルバイトなどの自分のアピールできる部分をしっかりと身につけ、自分の中で整理しておくことが大切だと思います。次に、早めに情報収集をすることです。求人情報を集めることはもちろんですが、実際に就職活動を体験された学校の先輩やアルバイト先の社員の方の就職活動の体験談を聞くなどして、具体的に就職活動の取り組み方をイメージできるようにしておくことが大切だと思います。私の場合、不景気の影響もあり、なかなか内定を手に入れることができませんでしたが、それでも看護師 募集の求人をあきらめずに頑張った結果、内定を得ることができました。

就職活動は、長期化することもあるので、あきらめない根性を身につけておくことも大切です。私の場合、求人サイトなど、多くの人が利用する情報源を使っても、なかなか内定が取れずに困っていましたが、情報の幅を広げて、ハローワークの就職支援に看護師 募集の求人が無いか相談してみたり、若者を対象とした就職相談の機関を利用するなどして、あきらめずに求人情報を集めて、積極的に応募し続けました。学生の場合、一生懸命さまざまなルートから求人情報をあつめることで、卒業ぎりぎりまで、求人情報を見つけることができ、応募することもできるので、あきらめずに行動し続けることが大切だと感じました。企業によっては、内定を辞退されて、困っているところもあると思うので、タイミングよく応募することができれば、採用されるチャンスもありますので、最後まであきらめないことで、チャンスをつかむことができる可能性を高めることができると思います。