大会社の新卒採用とはどのようなものか

みなさんの中にも大会社を目指している人もいると思います。そのような人はどのような業種に希望をしているのでしょうか。確かに大会社に就職をすることによって、将来的には安心だと思っている人も多いのでしょうね。少し前まではそのようなことが大きく言われてきました。しかし最近では全てにおいてそれが正解だとはいうことができないのです。そこで今回は大会社の新卒採用に関して述べていきたいと思います。一般的な新卒採用と少し変わってくるのできちんとそのような点には注意をしておきましょう。

中小企業の場合には試験の数は多くても4段階程度です。まずはエントリーシートを利用した審査をします。そしてそのあとにSPIを実施してそれに合格をすると面接を何度がやり最終的に役員面接。そして内定というような流れがほとんどです。流れ自体はほとんど変化はありません。しかし内容としては確実にいって大会社の方が厳しいものとなってくるのです。例えば大会社の場合、SPIを受ける前に実施する書類選考の地点で落とされることも結構あるのです。つまりこの会社には必要ないと思えばそこですぐ切り落とされるのです。またSPIにもしも進むことができるとそこからが本番となります。

例えば、SPIを失敗したとします。他の会社の場合には小さな失敗程度では落ちる可能性はそこまで高くはありません。しかし大会社の場合にはそのへんはシビアに採点を行います。もしも基準値に達していないと簡単に切り落とされてしまうのです。だいたいSPIで4分の1程度の人数を落とす企業もあるのです。その後の面接でもスパスパのいらない人材は落とされていきます。本当に自身がある人でも簡単に落とされるので自身をもって大会社の面接を受けると精神的にちょっとダメージが大きくなってしまうかもしれません。ですから、チャレンジャー精神で落ちるかもしれないという意識をもっておいた方が良いのかもしれませんね。そして最終面接まで行ったとしても安心はしないでください。少し前までは最終面接まで行くと大概は受かると言われていました。しかし最近では最終面接で落とされている人も結構いるのです。最後の最後まできちんと身を締めて取り掛かるようにしましょうね。大会社の新卒採用に簡単なものはありません。学歴が大切だと思っている人もいますが最近ではあまり学歴重視の会社は少なくなっているように個人的には感じています。私は絶対にこの会社に受かってやるという気持ちを決して捨てないようにしましょうね。