電子タバコの基礎知識と紙タバコとの違い

Category

Article List

2017年09月25日
禁煙しようと思っている方にもオススメを更新。
2017年09月25日
好みの味が見つかる電子タバコを更新。
2017年09月25日
環境にも優しい電子タバコを更新。
2017年09月25日
今は電子タバコの時代ですを更新。

Calender

2017年12月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

News

禁煙しようと思っている方にもオススメ

巷で話題の電子タバコとは 巷では禁煙ブームによって喫煙者は居心地があまりよくない空気になりつつあり…

More...

好みの味が見つかる電子タバコ

電子タバコのメリットについて知ろう ①従来のタバコに比べて一酸化炭素やタールなどの有害な成分を含む…

More...

電子タバコと紙タバコとの違いについて

最近話題になっている電子タバコですが、紙タバコに比べ健康面という部分で大きな違いがあります。紙タバコが身体に与える悪影響の一つは、ニコチンによる健康被害の可能性です。ニコチンは、血管や心臓に負担を与え動脈硬化のリスクが高くなります。
次にタールによる発ガンリスクで、発ガン性物質を含むタールは体内への吸収率が高く、その分身体に与える健康被害のリスクは高くなります。また紙タバコを吸う時、一酸化炭素が発生する為、血液に与える悪影響があり心筋梗塞や脳梗塞などの危険性があります。紙タバコによる健康被害は、喫煙者だけに及ぶものではなく、ニュースなどで取り上げられることも多い、副流煙による周囲へ与える影響です。
一方電子タバコは、タールや一酸化炭素がほとんど発生しない点があり、紙タバコと比較すると健康への悪影響リスクは低くなっています。タールや一酸化炭素による、血液に与える影響は低くなりますが、紙タバコと比較した場合となります。電子タバコは、煙の発生がほとんど無いので、副流煙による周囲へ与える影響も少なくなり、紙タバコより健康面に配慮したタバコと言えます。紙タバコから電子タバコに切り替えている人が増加傾向にあり、一部電子タバコ製品の在庫が不足している状況になっています。

電子タバコの基礎知識

電子タバコとは、乾燥葉や液体を電熱線の発熱によりエアロゾル化する装置です。英語圏ではこの装置のことをヴェポライザーと呼び、電子タバコによる吸引をヴェイプと言います。電子タバコに使われる液体は、プロピレングリコールやグリセロールや水や香料からなり、ニコチンを追加することも出来ます。日本では2008年頃からメディアで取り上げられるようになりました。日本では薬事法の為にニコチンの入った液体を販売することはできません。
そのため日本では、たばこ葉の成分を摂取するような製品が販売されています。これは加熱式たばこであるので、日本での路上での使用の可否は自治体によって異なります。有害性については議論があり、燃焼させた従来のたばこよりも害が95パーセント少ないという説もあります。最初に電子たばこを作ったのはアメリカ人で1965年に特許が付与されました。その後2003年に中国人によって初めて実用化されました。
ここ数年では、禁煙や健康目的のために電子タバコを使い始めるケースが多くなってきています。電子タバコの大きな特徴としてバッテリーがあります。バッテリーは容量によって電気の持続時間が違うので注意が必要です。健康のことを意識する方が増えてきている時代なので、電子タバコはこの先も大変注目されている商品です。